再び、高倉健展にて、長崎で講演。

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 00:53

10月13日、長崎歴史文化博物館での「高倉健追悼展」にて、講演してきます。

いわき美術館に次いで、2度目です。高倉健展は、これが最後だそうです。

 

長崎は、網走番外地の第3作目「望郷篇」で、舞台になったところです。

石井監督のシリーズは、橘真一=高倉で、その故郷は長崎であったとされたのが、この3作目=望郷篇。

 

長崎くんちの祭りが、挿入されています。

これは、諏訪大社が中心の祭りで、そこにキリスト教神社とされた森崎社、そして住吉社の三つの神輿がでる。

諏訪大社は言うまでもないタケミナカタ、大国主の国譲りをなした神です。歴史的には京都の諏訪神社から分霊したようですが、なぜ長崎にそれが建てられたのか?

そして長崎は、キリスト教の住民が多かったところ、秀吉によって虐殺される。二十六聖人の碑がたつ、そこで、橘は黒人合いの子のエミリーと親しく会話し合う。

森崎社は、イザナキとイザナミ、住吉は、上・中・底の筒之男命、海の守り神。

非常に面白い合祀の神社です。

国つ神の、非常に異質な構成になっている。もとは、1555年の戦国時代に建てられたようですが、ポルトガルやオランダがやってきた。

潰され、1625年に再興され、3社の合祀がなされた。

1637年が島原の乱。

そして1648年に豪勢な社が、江戸期に再建された。

鎮魂しないと危うかったのでしょう。

 

祭りで、神輿を担ぐ網走仲間。当時合成映画などはまだなかったと思うので、実際に祭りに合流したのでしょうか?!

少なくとも高倉と数人は実際に担いでいるよう。担ぎながらの会話は別撮りでしょうが。

1965年です。祭りは、10月7〜9日、映画公開は10月31日。

1965年は、日本侠客伝が2作、昭和残俠伝が始まり、網走番外地は一挙に4本。

高倉健任侠映画時代の本格的な始まりの年でした。

傑作が並ぶのが1970年です。72年には各シリーズは終結し、75年で完全に終焉。

 

橘の母のお墓があるお寺が出てくるのですが、崇福寺?

長崎の方に確認してきます。

長崎をぶらぶら歩いて、考えて見ます。

長崎とは、一体いかなる場所であるのか?

非常に特異であるように見えます。

マラッカもそうなのですが、キリスト教、儒教、イスラム、仏教など寺社が乱立、港町は、宗教が混在融合共存しています。

 

いろんな面白さが、無意識的かつ意識的に組まれていて、どんな話になるのか、自分でも楽しみです。

映画との意図的な脈絡はつかめないのですが、無意識な背景の意味があるかと。

港湾の人入れ稼業が、機軸です。「ごろつき」の近代労働者化です。これは、任侠映画の基盤になっている。

港湾回送、石切場、石炭採掘、土木業など男の肉体労働、近代労働の地盤であるものです。

そのもう一方が、テキヤですが、これは神の系譜が違う。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

国家と再認・誤認する私の日常
国家と再認・誤認する私の日常 (JUGEMレビュー »)
山本 哲士
ehescbool.comで定価購入できます

recommend

ブルデュー国家資本論
ブルデュー国家資本論 (JUGEMレビュー »)
山本 哲士
ehescbook.comで定価購入できます

recommend

吉本隆明と『共同幻想論』
吉本隆明と『共同幻想論』 (JUGEMレビュー »)
山本哲士
共同幻想の統治制化として「共同幻想国家論」を構築

recommend

フーコー国家論
フーコー国家論 (JUGEMレビュー »)
山本 哲士
統治制化の国家配備を理論解読。
直販は、ehescbook.comへ

recommend

思想を読む 世界を読む
思想を読む 世界を読む (JUGEMレビュー »)
吉本 隆明,山本 哲士
吉本さんとの25年間の対話
直販、ehescbook.comへ

recommend

高倉健 藤純子の任侠映画と日本情念
高倉健 藤純子の任侠映画と日本情念 (JUGEMレビュー »)
山本 哲士
もののふの文化史から「ごろつき」の憤怒と情愛。直販は、ehescbook.comへ

recommend

〈もの〉の日本心性 (哲学する日本II)
〈もの〉の日本心性 (哲学する日本II) (JUGEMレビュー »)
山本 哲士
触れえない「もの」を感知し技術化している日本文化。

ehescbook.comで定価購入できます

recommend

国つ神論:古事記の逆立解読 (山本哲士の場所論 1)
国つ神論:古事記の逆立解読 (山本哲士の場所論 1) (JUGEMレビュー »)
山本 哲士
古事記を国つ神=場所神から徹底解読。
直販は、ehescbook.comへ

recommend

哲学する日本
哲学する日本 (JUGEMレビュー »)
山本哲士
非分離・述語制・場所、非自己の日本原理。
直販は、ehescbook.comへ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM