大相撲、地方巡業;小田原場所を観る

  • 2017.08.26 Saturday
  • 23:45

 

大相撲の地方巡業で、小田原場所を先日観戦した。小田原へは、何十年ぶりのことらしい。

本場所の緊張感に比べて、緊張感のない緩やかな雰囲気が、なんとも微笑ましい。

相撲が、大衆エンターテイメントへ洗練されているのを感じる。

力士たちが、観衆に紛れるように動いているのだが、さすが、大関、横綱となると弟子たちのガードが固く近寄れない。それでも、すぐ脇に、彼らがたつ、その雰囲気は、本場所では感じられないものだ。

それにしても、白鵬のオーラは、やはりすごい。申し訳ないが、稀勢の里はただの人だが、白鵬の気魄は、その土俵入りでも迫力が全く違う。大横綱であるのを雰囲気で実感した。

 

また、相撲甚句がいい。

これは、地方にあわせた、場所の発展や病にならぬことを祈る。そして、世間のシビアさを冗談を入れて笑い飛ばす。

初めて、全部を聞いたが、なかなかのものであるのを知った。

相撲が神事であることの片鱗が、形式ではなく実際として残っている。かつては、もっと厳かなことであったのだろうと推察する。

 

取り組みは、本場所のあの力づくのど迫力に比べて、怪我しないように力を出し切っていないが、あえて体をぶつけ合って音を出したりのサービスはしている。

手を振る力士もいれば、こけて転がる力士もいたり、また、神奈川出身の力士を紹介したり、地方へ溶け込む努力をなしている。

宇良や石浦、遠藤がいなかったのはさびしかったが、サインをしてくれるのだろうかと試みて見たが、逸ノ城と嘉風、そして運よく高安のサインをとった。これも、初めてミーハー的にやってみたことだが、丁寧に対応してくれるのは偉い。

(プロ野球で、かつて、横浜球場には出入り自由で、かつての憧れの遠藤さんや田代さんたちとよく会ったりはしたが、サインを選手に求めたことはない。優勝の時だけ、記念ワインのボトルには、監督、コーチのサインはもらったが。)

 

巡業で、それぞれの場所に溶け込む努力を大相撲はしている。

スポーツは、場所立脚へと傾向を強めているが、日本ではやはり相撲がその原点であるのだと思う。

ほぼ満員の小田原アリーナであった。

帰りのバスで、力士たちは、見送る観衆に愛想よく手をふったりおちゃらけていた。

暑夏、愉しいひとときを過ごした。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

吉本隆明と『共同幻想論』
吉本隆明と『共同幻想論』 (JUGEMレビュー »)
山本哲士
共同幻想の統治制化として「共同幻想国家論」を構築

recommend

フーコー国家論
フーコー国家論 (JUGEMレビュー »)
山本 哲士
統治制化の国家配備を理論解読。
直販は、ehescbook.comへ

recommend

思想を読む 世界を読む
思想を読む 世界を読む (JUGEMレビュー »)
吉本 隆明,山本 哲士
吉本さんとの25年間の対話
直販、ehescbook.comへ

recommend

高倉健 藤純子の任侠映画と日本情念
高倉健 藤純子の任侠映画と日本情念 (JUGEMレビュー »)
山本 哲士
もののふの文化史から「ごろつき」の憤怒と情愛。直販は、ehescbook.comへ

recommend

〈もの〉の日本心性 (哲学する日本II)
〈もの〉の日本心性 (哲学する日本II) (JUGEMレビュー »)
山本 哲士
触れえない「もの」を感知し技術化している日本文化。
直販は、ehescbook.comへ

recommend

国つ神論:古事記の逆立解読 (山本哲士の場所論 1)
国つ神論:古事記の逆立解読 (山本哲士の場所論 1) (JUGEMレビュー »)
山本 哲士
古事記を国つ神=場所神から徹底解読。
直販は、ehescbook.comへ

recommend

哲学する日本
哲学する日本 (JUGEMレビュー »)
山本哲士
非分離・述語制・場所、非自己の日本原理。
直販は、ehescbook.comへ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM