西部劇、モンテ・ウォルシュの、待ちに待ったDVD発売!

  • 2017.05.19 Friday
  • 01:21

 

リー・マービンとジャック・パランスの名作「Monte Walsh」が、ようやく発売された。

もう10年以上前、ビデオの再発売もなく、新宿のレンタル屋でようやく見つけて、ダビングして見たものだが、西部劇俳優たちが必ず自分が死ぬ最後の映画を撮る。そのリー・マーヴィンの西部劇最後の傑作だ。

老いた二人のガンマンのほのぼのした友情だが、そこに殺し屋がくる、それはウォルシュことリーが、決闘ルールもなく、相手が銃を抜く前に撃ち殺してしまう、そのペーソスがなんとも言えない。パランスも死に、愛馬に語りかけながら荒野を一人去っていくリー・マーヴィン。しかし彼は、自分が死ぬ作品にはしなかった。

西部劇で、特に好きなのは、スティーブ・マックインとリー・マービンだが、リーの「キャット・バルー」の酔っ払いの名演技も抜群だが、このモンテ・ウォルシュが一番いい。

フィルム・ノワールの「ブラック・エース」と一緒に出された。

 

西部劇傑作シリーズが、もう19巻にもなっていて、いわゆるB級西部劇も観れるのだが、ただ貯めていくだけで、一つもまだ観ていない。というのも、じっくり観て、西部劇論を仕上げたいからだ。基本となる代表作はほぼ全て100本ぐらいは観て、10年前に草稿をあげてから、書いていない。高倉・藤任侠論は、ほぼ全部、150本観て、納得いく形で仕上げられたが、西部劇はまだ枠が決まっているだけで、無数のB級西部劇があって、仕上げきれていない。文献は、ほぼ揃えてある。

2015年にフランスで出版された、Encyclopedie du Westernの上下2巻の大著が、1903〜1955年、1956〜2014年まで網羅しているのだが、この本ぐらい写真を豊富に使いたいものだが、無理であろう。

前段階で、サム・ペキンパー論は書きたいと思っている。

 

まだ、国家論補遺の書き上げに、うろついて、ラカンを踏まえた「再認・誤認論」は完成間近であるが、再生産論が残っている、正直めんどくさい。頭の中で、もうわかってしまっていることを書くのは、義務のようなもので、早く解放されたい。

述語制論も、もう基本はできていて、ただ例証、実証化するだけであるが、今年いっぱいでは終わらないであろう。江戸期の文献解読が、いささか大変である。

早くあげて、遊びに入りたい。

 

近年、西部劇が、作られている。やはり、西部劇を撮らないと、俳優としてはけじめがつかないのであろうか。イーサン・ホークやナタリー・ポートマンまで撮っている。キーファー・サザランドも、ヤング・ガン以来、新たに撮った。

荒野の七人の新が、作られたが映画館へあえていく気にはなれなかった。しかし、評判では面白いという、来週にはDVDが発売だ。

新作単品ものは、ボヤッと観てはいるが、正直面白くない。

なぜか? シリアスで、暗いのだ。シニフィアンが、消えて、現代のシニフィエになってしまっているためだ。

西部劇は、映画の世界遺産であると思っているわたしだが、その筋は、消え去っていない。社会を撃ち殺すメタファーが、古典的に暗黙知で作用しているのだと思う。痛快さは、そこにある。「社会」の限界が、現実になっているからだ。

西部劇の背景は、日本の明治維新期に当たる。アラモの戦いが1836年、テキサスの独立。米墨戦争で、1848年メキシコが西部領土を手放し、1849年ゴールドラッシュが起きる。いわゆる西部開拓史が、1839〜1889年だが、南北戦争(1861〜65年)後が西部劇の主なる時代である。リンカーン後だ。それ以前のものももちろんあるが、ガンマンは、南軍の敗残兵である、シェーンがその象徴になる。シェーンは1892年の「ジョンソン郡の戦争」のメタファーで、この戦争の史実に近い西部劇は「天国の門」である。ビリー・ザ・キッドの出現は1878年「リンカーン郡の戦争」の史実である。OK牧場の決闘は、1881年である。1900年を超えるとマシンガンが出てくる、リー・マービンの「プロフェッショナル」がその映画。メキシコ革命、1910年が西部劇の終わりごろになる、ペキンパーの「ワイルド・バンチ」がその頃、マシンガンが登場している。いまあるUSAの統合などは、1920年のことでしかない。

時代劇も史実を背景としているが、西部劇と何が違うのかというとメタファーのエンタテイメント化が西部劇は長けている。時代劇はメトノミー的でしかない。

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    recommend

    吉本隆明と『共同幻想論』
    吉本隆明と『共同幻想論』 (JUGEMレビュー »)
    山本哲士
    共同幻想の統治制化として「共同幻想国家論」を構築

    recommend

    フーコー国家論
    フーコー国家論 (JUGEMレビュー »)
    山本 哲士
    統治制化の国家配備を理論解読。
    直販は、ehescbook.comへ

    recommend

    思想を読む 世界を読む
    思想を読む 世界を読む (JUGEMレビュー »)
    吉本 隆明,山本 哲士
    吉本さんとの25年間の対話
    直販、ehescbook.comへ

    recommend

    高倉健 藤純子の任侠映画と日本情念
    高倉健 藤純子の任侠映画と日本情念 (JUGEMレビュー »)
    山本 哲士
    もののふの文化史から「ごろつき」の憤怒と情愛。直販は、ehescbook.comへ

    recommend

    〈もの〉の日本心性 (哲学する日本II)
    〈もの〉の日本心性 (哲学する日本II) (JUGEMレビュー »)
    山本 哲士
    触れえない「もの」を感知し技術化している日本文化。
    直販は、ehescbook.comへ

    recommend

    国つ神論:古事記の逆立解読 (山本哲士の場所論 1)
    国つ神論:古事記の逆立解読 (山本哲士の場所論 1) (JUGEMレビュー »)
    山本 哲士
    古事記を国つ神=場所神から徹底解読。
    直販は、ehescbook.comへ

    recommend

    哲学する日本
    哲学する日本 (JUGEMレビュー »)
    山本哲士
    非分離・述語制・場所、非自己の日本原理。
    直販は、ehescbook.comへ

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM